2016年01月04日

楽しいことを見つけて…

新しい年が始まりましたね。
今年もまた看護師の仕事、母のこと…色々と大変だけど頑張っていきたいと思います。
認知症、いつの日か治る薬が開発されればいいなって思うもののおそらく母が生きている間には無理だろうなって諦めの気持ちが強いから介護が必要になっても自分でしっかり面倒見るって思っていたんだけど実際に認知症の告知を受けたらやっぱりかなりショックを受けたしどうしたらいいんだろうって今でも悩んだりしてます。
それでもたった一人の母だから仕方がないよね。
これが子供の責任とでもいうか…。
ただ、介護疲れで精神的にダメになってしまわないように趣味を持ったり何か自分自身で楽しいことを見つけないといけないなって思ってます。

2015年10月31日

認知症と車の運転

この間70代の男性が交通事故を起こして二人の被害者を出してしまったという事件がありましたよね。
この男性、認知症の治療を受けていた…とかいっていたけどこういうのって被害者遺族の怒りは言葉にならないものだろうな。
私の母も認知症です。
看護師の仕事をしながら母を看ているのってかなり大変。
だけど幸いなことにうちの母は車の運転が出来ません。
もしも免許を持っていたとしても私は絶対に運転はさせないと思います。
あの事故がどういう形で起こってしまったのか、まだ詳しいことが報道されていないけど
持病などを抱えている人の車の運転は厳しく取り締まるべきですね…。
そういうことを何か法で決めることって出来ないものなのかと歯がゆく思います。

2015年10月21日

転職しすぎの薬剤師

今回、妻の実家に入ることになって今までいた職場から地方へと移る事になりました。
運よく薬剤師を募集している国立病院があり、助かったというところでしょうか。国立病院の薬剤師は年収も高いんです。
実はこれで転職は3度目なのですが、同じ薬剤師をしている仲間にも転職をかなりしている人がいます。
薬剤師って自分でいうのもなんですが、転職しやすいと思います。
働く場所のランク付けを自分の中でしなければ、ドラッグストアや薬局も多くありますし、また院内の薬剤師も募集をしているのを見たりします。
色々薬剤師でも仕事の内容によっては収入も違いますけど、そういったことを気にしなければとくに職場を変えることに関しては、問題はないように思えます。
だからこうして簡単に転職をしている薬剤師が多いのかもしれませんね。
妻の実家の近くの調剤薬局では、仲間の雰囲気がとてもよくて、調剤に関しても全て任せてもらえるのでとても働きやすいですね。
中には、いちいち確認をしてくる先輩もいますから。
自分の場合は、ここが最後の職場になるかと思っています。
薬剤師になってから、どれだけの薬を頭の中に入れてきたことか。
薬のプロだといわれるわけですよね。

2015年02月04日

認知症と物忘れの境界線

物忘れや認知症の境界線ってどうなっているんだろう。
私の母は結構色々物忘れっていうか覚えられないことが多いみたい。
一度病院にかかったことがあるんだけど認知症とまではいかないけどその手前、入り口にいる感じって診断を受けたことがあるんだよね。
だけど母の場合すっとぼけているだけっていうことが考えられるからそれを医者が見抜けないだけなんじゃないかって思う面も。
本当に認知症の手前にいる状態なんだったら何らかの手を今のうちにうっておかなきゃいけないんじゃないかって思うんだけどね…。
こういう医療関係って素人では全くわかんなくて悩んでしまうんだよね…。
もしも母が認知症とかになってしまったら介護が必要になってしまったら…そんなことを考えると先がこわいです。
看護師の仕事をしていても認知症については正直専門外だからわからないことがたくさんなんだよね。

2014年12月31日

私と母と認知症

認知症の母を支えながらの私の看護師としての生活。
今年も一年とくに大きな問題もなくようやく終わります。
だけど明日からまた新たな一年が始まるんですよね。
今のところ母の症状は安定していて悪化はしていないから助かっているけど
段々と悪化していくことを考えるとちょっとゆううつになってしまうことも。
いつまで私が看護師の仕事をしていけるか…。
だけど働かないと生活できないからその時は母を施設にってことも考えているんだよね。
母にはまだそのことは話していないんだけどね。
いずれそうなってしまうだろうなって覚悟は本人も出来ているんじゃないのかな…。
もちろんその時が出来るだけ遅くやってきてくれればって願っているんだけどね。

2014年11月16日

認知症…未来への不安

看護師の仕事をしながら認知症の母の面倒を見る…子供としては当たり前のことなんだけど正直ちょっと疲れ果ててます。
まだ付きっ切りで介護をしなきゃいけないほどの認知症じゃないけどそれでもこれだけ精神的に疲れるんだからこの先どうなっていくんだろうってかなり不安になってきました。
親だから見捨てるわけにもいかないけど私だって仕事をしなきゃいけない…。
政府はもう少し高齢者に対してありがたい制度を設けてくれないかな…。
子育てに対してはあれこれ話があるものの高齢者に対しては何にもないよね。
これこそまさに不公平じゃないかなぁ。
認知症の人がいる家庭では家庭崩壊になってしまうところもたくさんあるんです。
そんな現状を政府は知らないわけないよね!

2014年10月12日

認知症という病気…

認知症って少しずつでも治ることがあるなら希望がもてるけど今の所そんな新薬は開発されていないよね。
母の認知症、今の所薬で抑えることが出来ているけどいつ進行していくか…。
看護師の私は一般の人に比べればほんのわずかでも病気に関しての知識があります。
だからこそ不安がどんどん押し寄せてくるんですよね。
何も知らないでいられるなら医者だけを信じて頑張るんだろうけど知っているからこそ希望が持てない。
このまま少しずつ進行してしまったら私は今の仕事を続けることもできなくなるかもしれない。
いろんなことを考えると本当に毎日が不安です。
出来るだけそういうマイナスなことは考えないようにしようと思ってはいるんだけどね…。
私の不安を母に悟られてはいけないとも思ってます。

2014年08月29日

認知症の特効薬は…

認知症…この病気はなかなか治るっていう薬が開発されないよね。
いつの日か特効薬が生まれることがあるのかな…。
看護師の仕事をしていると多少なりとも一般の人よりも情報入手が早いけどいまだにそういう情報を聞いたことがありません。
以前は認知症についてなんてまったく考えたことがなかったけどやっぱり母の認知症が発覚してからはついこの病気に関して耳がダンボになっちゃいます。
少しでもあれがいいこれがいい…って話を聞くと詳しく調べてみたり…。
だけど結局どれもその効果が得られるのかどうかわかりません。
覚悟を決めて今は母を少しでも支えてあげようって思ってはいるけど症状が悪化してしまった時、私はきちんと対処してあげられるのかどうか…不安です。

2014年07月17日

認知症、未来への不安

母の認知症、たまにもしかして進行している?なんて思う時があります。
看護師の仕事をしながら母の様子をみている私にはちょっとしんどい…と思うことた多々あるんだけどやっぱりたった一人しかいない母親のことだから気になるしよく観察するようにしているんだけど「あれっ?」て思うことがあるんだよね。
だけどそれが長続きするわけでもないからやっぱりそんなに心配するほど進行はしていないのかな…?
とはいってもやっぱり年々年老いていくにつれて徐々に進行していくだろうし正直先々が不安です。
金銭的なことよりもいつまで私の体力精神力が持つんだろうってことなんだよね。
仕事は忙しいし精神的にもいっぱいいっぱい…。
たまにはゆっくり何も考えずに羽を伸ばしてみたいな…。

2014年04月22日

薬剤師の説明は必要なもの

体調をくずしてしまい病院へといきました。
そこで処方された薬を受け取るときに、薬剤師さんが丁寧に説明をしていました。
でもこれはいつもの光景でしたし、とくに気になることもありません。
(昔説明をないがしろにしていた老健の薬剤師をなんとなく思い出しましたw)
その日、患者の数はかなり多くて診察にも時間がかかっていましたしまた薬の処方にも時間がかかっていました。
人って待たされる時間が長いとイライラしますよね。
私もその中の一人ではありましたが、ある女性のような苛立ちを口にして薬剤師さんにぶつけるようなマネはしません。
彼女は薬剤師の丁寧な説明を、すごいイラついた表情で聞いていました。
途中まで説明をしたときに怒ったのです。
明細をみればわかることだよと。
薬剤師さんも彼女の態度に驚いたようでしたが、その患者さんに誤っていました。
皆時間が長くていらだっているのは分かりますが、やはり薬剤師の説明は必要なものだと思いますし、私は聞いておきたいと思います。
病院が混むことはあたりまえの状況ですし、その中で薬剤師という人がいるから安心して薬を服用できるのではないかって思います。
彼女のように八つ当たりをする患者が増えてきてしまうと、もしかしたら大変なミスが起こってしまうかもしれませんね。