« 認知症いつの日か | メイン | 大切な母親の存在 »

認知症との闘いは

家族に認知症の人がいたら家庭崩壊にもつながってしまう…なんて話を何度も聞いたことがあります。
昔はそんなのおかしいよね…どうして家族のことなのに…って思っていたんだけど実際に自分の母親が認知症になってみて初めてその苦労がわかりました。
確かに家庭崩壊につながってしまう要因になりますね。
別に病に冒された人が悪いわけでもなんでもないんだけど介護っていうのは本当に大変です。
軽い認知症だったらまだいいものの進行していったら…それはそれは口では言い表すことの出来ない苦労を強いられます。
こういうことってもう少し国の援助でなんとかならないものなのか…とついつい考えてしまいます。
看護師として働いている私は毎日ずっと母と一緒に生活するわけにもいかず…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.labcodance.net/mt3/mt-tb.cgi/15

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年12月03日 03:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「認知症いつの日か」です。

次の投稿は「大切な母親の存在」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38