« 大切な母親の存在 | メイン | 認知症との闘い »

看護師…それでも母を守ることが一番の仕事

認知症…いつになったら治る薬が開発されるんでしょうね。
もしかしたら一生そんな薬は出来ないのかもしれない。母が認知症になってからというもの私の毎日はとても大変なものになってしまいました。
看護師という仕事はそれでなくても体力的にも精神的にもかなりハードな仕事なんだけどそれにプラス母のことが気がかりで…。
こんな風だから私には今のところ結婚なんていうものが夢のまた夢って感じです。
正直母の面倒を見るのがとても苦痛に感じてしまうことも多々あるんです。
投げ出してしまいたい、どうして私がこんなことをしなければいけないのか…ってね。
だけどやっぱり私を生み、育ててくれた人。
今度は私が守ってあげないといけない番なんですよね…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.labcodance.net/mt3/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年03月22日 02:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大切な母親の存在」です。

次の投稿は「認知症との闘い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38