« 高齢化社会への福祉 | メイン | 転職はどんな人材がほしいのか »

クラブでバカ騒ぎしてた薬剤師さん

自分はアゲアゲな気分になりたい時には必ずクラブまで足を運んで踊りまくるようにしているんです。

日常生活の中で溜まりに溜まったフラストレーションを思いっきり発散する為に自分は常日頃からクラブを頻繁に利用するようにして来ました。

そこでは意外な人達の姿がチラホラ見る事が出来ます。

たとえば知り合いの薬剤師さん、そして有名なスポーツ選手など。

まあ有名なスポーツ選手などは近寄りがたいオーラを放っているので声をかけたりは出来ませんが、知り合いの薬剤師さんなら気さくに話をする事が出来るのでクラブで会えると非常にテンションがアガります。前に話した人は化粧品会社の薬剤師に転職した薬剤師さんでした。

ダフトパンクやアンダーワールドのような楽曲がグイグイ流れているクラブのパーティーに行くと必ずと言っていいほど出会う知り合いの薬剤師さん。

薬局で見かける姿からは想像も出来ない薬剤師さんのダンスは見ていて全く飽きません。

ここまで破天荒にダンスしちゃって本当に良いの?とコチラが心配になってしまうほど激しく踊りまくっている知り合いの薬剤師さん。

もし、自分が同じ立場だったなら間違いなく知り合いが見ている前では絶対にハメを外したりなんかしません。

いくらクラブとはいえ、理性を働かせるのは社会人としては当たり前の行為だと自分は考えています。

自分はべつにクラブでハメを外しまくっている薬剤師さんが悪いと言っているわけではありません。

ご本人さんが楽しければ、後悔さえしなければ良いと思っています。

やはりクラブという世界は、非現実的な空間なので人によってはハメを外してしまう方も少なからずいらっしゃるのが現実です。

薬剤師さんとか弁護士さんとか、社会的に少し地位の高いお仕事をされている人ほどクラブでハメを外してしまう傾向にあると自分は思っています。

まあ、ケンカとかのトラブルさえなければ、いくらハメを外しても自分はOKだと考えている派なんですけどね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.labcodance.net/mt3/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年02月07日 13:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「高齢化社会への福祉」です。

次の投稿は「転職はどんな人材がほしいのか」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38