« 認知症と物忘れの境界線 | メイン | 認知症と車の運転 »

転職しすぎの薬剤師

今回、妻の実家に入ることになって今までいた職場から地方へと移る事になりました。
運よく薬剤師を募集している国立病院があり、助かったというところでしょうか。国立病院の薬剤師は年収も高いんです。
実はこれで転職は3度目なのですが、同じ薬剤師をしている仲間にも転職をかなりしている人がいます。
薬剤師って自分でいうのもなんですが、転職しやすいと思います。
働く場所のランク付けを自分の中でしなければ、ドラッグストアや薬局も多くありますし、また院内の薬剤師も募集をしているのを見たりします。
色々薬剤師でも仕事の内容によっては収入も違いますけど、そういったことを気にしなければとくに職場を変えることに関しては、問題はないように思えます。
だからこうして簡単に転職をしている薬剤師が多いのかもしれませんね。
妻の実家の近くの調剤薬局では、仲間の雰囲気がとてもよくて、調剤に関しても全て任せてもらえるのでとても働きやすいですね。
中には、いちいち確認をしてくる先輩もいますから。
自分の場合は、ここが最後の職場になるかと思っています。
薬剤師になってから、どれだけの薬を頭の中に入れてきたことか。
薬のプロだといわれるわけですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.labcodance.net/mt3/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2015年10月21日 13:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「認知症と物忘れの境界線」です。

次の投稿は「認知症と車の運転」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38