« デヴィ夫人も・・ | メイン | 雑巾がけ »

引っ込み思案な妹に求人を教えてあげた

看護師を夢見て勉強に明け暮れた結果、人とのコミュニケーションが上手く取れなくなり、看護師の夢を諦めた妹がいます。こういった人って結構多いようで、社会問題に発展することもあるみたいですね。私はちょっと理解することはできませんでしたが、妹ということもありそれなりに心配をして声を掛けていました。家族との会話は特に詰まることもなく普通に話すことができます。

しかし他人となると、極度に緊張してしまい、自分から積極的にお話をすることができないみたいなんですよね。最初はその部分から克服したほうが良いと思い、私は妹に一冊の求人誌を渡しました。ここからどこでも良いから、好きなところを指定して面接に行ってきなさい!というのが、私が妹に渡した課題でもあります。ここからどんなことを考えて行動するかによって、その後の人生は変わってくると思います。

求人誌に書かれていることはそんな対したことではありませんので、面接では、求人誌で書かれていないことに関しても突っ込んで質問をしなければなりません。それが出来た時点で引っ込み思案からは卒業できるでしょう。求人に書かれた以上のことを質問することができるか、妹に聞いてみたら「無理!」と即答されてしまいました・・・。まあ最初の一歩が大事ですからね。こんなこと書いてたら若い時タイに転職したいと思ってたの思い出すなあ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.labcodance.net/mt3/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年05月29日 16:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デヴィ夫人も・・」です。

次の投稿は「雑巾がけ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38